薄毛治療ならプロフェッショナルに任せる|ケアで悩み解消

薄毛

すぐにでも治療する

先生

もしAGAだと診断されたのであれば、すぐにでも薄毛治療を始めるべきです。人の細胞は年を経るごとに衰えていきます。髪を生やすための原動力となる毛母細胞も細胞の一つですので、この毛母細胞の働きが活発な内に薄毛治療を行なわなければ、思ったような結果が得られないこともあります。薄毛はだいたい40代から進行していくことになりますが、毛髪量はこの頃から激減していきます。特に薄毛に悩んでいる人でなくても毛髪は減ってしまうもので、実に40代では30代と比べると毛髪量の3割は減ってしまう計算になります。それが50代になると4割の減少になります。早目の治療が良いというのはそれが要因です。

薄毛治療に臨むなら、このように減ってくる時期などを把握する必要があります。身体の仕組みについて知っていれば、薄毛治療に最適な行動を取ることができます。AGA専門の治療院でも詳しく教えてくれるのでカウンセリングや治療相談の際に聞いてみると良いです。そもそも、髪は死んだ細胞として表皮に出てきているものです。いわば爪や角質と同じものですが、これをフサフサにさせるためには毛乳頭や毛母細胞が活発に動いている必要があります。死んだ細胞をどんどん生み出しているということは、反対に新陳代謝がうまくいっているということでもあります。髪を生み出しているのは毛包であり、毛包の中には毛乳頭と毛母細胞があります。ここの働きが成長と退行を繰り返し、発毛のサイクルが生まれているのです。そのまま放置してしまうと細胞自体の元気が失われ、休止期が長くなってしまいますので早目の治療が必要なのです。

薄毛治療が必要になる薄毛の状態は、ヘアサイクルが短くなることから始まります。髪の成長期は数年間続き、退行期と休止期を経てまた新しい細胞が生み出され成長していきます。壮年になってくると誰でもこの成長期が短くなるのです。成長期が短いとすぐに抜け毛が起きてしまい、十分に細胞が育っていない内に退行期や休止期に入ってしまい、生えて来ない期間が長くなってくる印象を受けます。毛は生えているがとても細く小さいという状態になるのもこのためです。