薄毛治療ならプロフェッショナルに任せる|ケアで悩み解消

薄毛

薬を使って治療する

薬

AGAなどのように、病気と診断されるタイプの薄毛が治療可能になったのはここ20年のことです。効果を実感している人はどんどん増えており、病院が公開している治療例を見てみると驚くほどに発毛に成功している人がいます。まるでかつて薄毛に悩んでいるということが分からないほどに発毛が回復しているのです。薄毛治療の専門治療院では一人一人の特徴に合った治療方法を提供しています。治療院によって提案しているプランが違いますので、治療院を選ぶときはサービスや治療内容をよく確認することが大事です。

病院ではフィナステリドやミノキシジルといった発毛に効果のある薬を処方してくれます。一つだけを処方されることもありますが、両方処方し発毛に強く働きかける薄毛治療のやり方もあります。薄毛の原因になっているのがテストステロンですが、このテストステロンは毛乳頭の内部に5-α還元酵素として分泌されることになります。その5-α還元酵素がジヒドロテストステロンを生み出し毛乳頭の成長を阻害していくのです。研究によってわかったことですが、フィナステリドを用いることで、5-α還元酵素の働きを抑えることができるようになります。毛乳頭に働きかけるフィナステリドは内服薬として処方されますので、薄毛治療の医療機関を利用してしか使うことができません。

一方、ミノキシジルは外部から働きかける薬です。この薬の効果としては血管拡張があげられます。毛乳頭や毛母細胞に栄養を行き届かせるためには血行が良くなければなりません。薄毛が進行する人の特徴として頭皮の環境が悪化している人が多いので、ミノキシジルはこれを改善する薬となっています。脱毛症に有効な効果をもたらすので、薄毛治療には最低な薬なのです。薄毛治療をする際に薬を用いるのであれば、その副作用についてもしっかり把握しておく必要があります。ミノキシジルは血管拡張をするので、不整脈をまれに起こすこともあるそうです。そのため、心臓欠陥の治療をしている人は注意して利用する必要がでてきます。薄毛治療を行なっている医師に相談をしっかりすれば、健康への影響はなくせます。